GoProレンズが曇ってしまう時の対処法

GoPro経験者であれば、一度はあるであろうレンズの曇り・・・。今回は良い撮影ができているだろうと、ふと見ると温度差や湿気で曇りが発生しているなんてガッカリです。
そこで、手軽にできる対処法(応急処置?)をご紹介します。
通常水中ハウジングをつけて撮影する時、どのタイプを使っていますか?

裏側を見ると一目瞭然。
こちらのカバーだと、曇りません。
gp-no-holl分かりにくいので、拡大↓
gp-2holls

注意したいこと

雨の日は、使えません。(裏側が空いてますから・・・)

よって、天気の良い日にテストしてみることをおすすめします。

または、ケース付きで、曇らせたくない!!という方は
ゴープロのアメリカの公式サイトだと、少々値段も張りますが、ケース内の隙間に曇り止めとして入れるものも販売しています。

「曇り止めインサート」という名前で購入できます。 (3つ入り)
見た目もスタイリッシュですねー。

(興味のある方は、参考までに上記ホームページ内をチェックしてみてください。)
※製品→その他のアクセサリー→曇り止めインサート

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here